大阪のライター オフィス「おふぃす・ともとも」代表ブログ

大阪在住のライター高野朋美(おふぃす・ともとも代表)です。最新の実績、仕事への思いなどもご紹介。

TOP >これまでの仕事例

ローレルスタイル「デザイン家電2」公開となりました。

ローレルスタイル デザイン家電

コピーライティングを担当させていただいている、近鉄不動産「ローレルスタイル」

そこにあるだけでおしゃれな「デザイン家電」の第二弾が公開されました。
大人のホットプレートとシロカのトースターが素敵すぎる!
いまのオーブンレンジがこわれたら、次はこれを買いたいと思います。

このページのトップへ↑

ローレルスタイル「デザイン家電」のコピーを担当しました。

ローレルスタイル「デザイン家電」


コピーライティングを担当させていただいている、近鉄不動産「ローレルスタイル」

今回のテーマは「デザイン家電」
こんなのがお部屋にあると、暮らしが楽しくなるだろうな、というアイテムが盛りだくさんです。
個人的に、快眠家電がほしいな、と思っています。

デザイン家電、パート2もあるので、お楽しみに。

このページのトップへ↑

ローレルスタイル「星降る夜に癒やされて」のコピーを担当しました。

ローレルスタイル プラネタリウム

コピーライティングを担当させていただいている、近鉄不動産「ローレルスタイル」

今回のテーマは「星空」です。
最近、おうちで楽しめるプラネタリウムがはやっているそうですよ。
眠れない夜も、これをぼんやりながめていたら、いつのまにか眠りにつけそう。
星って、どうしてあんなにも人の心をなぐさめてくれるんでしょうね。

新年早々、三大流星群のひとつ「じぶんぎ座流星群」が見れるのだとか。
早起きが必要ですが、たまには明けやらぬ漆黒の空を見上げるのもいいかもしれませんね。

このページのトップへ↑

ローレルスタイル「グラマラス・ピクニック」のコピーを担当しました。

ローレルスタイル

今回の近鉄不動産「ローレルスタイル」

大人のピクニックともいわれる「グラマラス・ピクニック」がテーマでした。
ピクニックといえばファミリーですが、大人だけのゴージャスなピクニックって、いいですよね。
わたしは日本酒が好きなので、ワインを日本酒にかえて楽しみたいな、と思いました。

それにしても、ピクニック・バスケットが素敵すぎ!
これを持って田んぼに行って、田植えや稲刈りできたら最高!と一人妄想するのでした。

このページのトップへ↑

PHP「松下幸之助塾」 獺祭を取材させていただきました

IMG_0682_201602211808357ba.jpg

「日本酒が好きなんです」と言い続けていたところ、
いつも取材ライティングをご依頼くださるPHPのビジネス誌「松下幸之助塾」の担当者さんが、
「今度、獺祭の取材があるんです。ぜひ高野さんに、と思いまして」と、
声をかけてくださいました。

うれしい!
喜び勇んで取材にまいりました。
そして、忘れられない取材となりました。

「松下幸之助塾 2016年3〜4月号」

獺祭は、海外で最も有名な地酒、と言っても過言ではありませんが、
国内では、売れているがゆえに、
賛否両論が飛び交っています。

でも、取材にうかがって、社長の話を聞いて、
「やっぱりすごい」と思いました。
いろいろ言われているかもしれませんが、
その考え方、目指す方向、やっていること、
すべて他の蔵元の参考になることばかりだと思いました。
いい意味、カルチャーショックでした。

日本酒好きとして、獺祭がこの世にあることを、
うれしく思います。
櫻井社長は、経営者としても、魅力的な方でしたよ!

このページのトップへ↑

幸せな暮らしをイメージさせるお仕事〜今回は「木のモビール」です。

ローレルスタイルtempo

今回の近鉄不動産「ローレルスタイル」

モビールって、こんなにステキなアイテムだったっけ、
と思わせてくれる一品でした。
いつまでも、ずっと見つめていたくなるゆるやかな動き。
いやされました。

記事をお任せくださる編集者さんに、
いつもながら感謝です。

このページのトップへ↑

ローレススタイル〜親子であべのハルカス、担当しました

ローレルスタイルあべのハルカス

近鉄不動産サイト「ローレルスタイル」の特集
「親子で一緒にあべのハルカスへ!」の取材ライティングを、
弊社が担当しました。

あべのハルカス、子どもが楽しめるスポットがたくさんあるんですよ。
しかも、おしゃれ。
一度出かけてみてはいかがでしょう。

このページのトップへ↑

社内報もWEBの時代!でも…

昨年の「読まれる社内報」に続き、
WEB社内報についてのセミナーを取材させていただきました。

月刊総務オンライン「Web社内報、どう使う?」

社内報も、紙ではなく、WEBの時代。
でも、WEBから紙に戻す企業もあるそうです。

なぜなのでしょうか?

その理由が、セミナーを聞いて分かりました。

社内報って、すごく面白いです!

このページのトップへ↑

幸せな暮らしをイメージさせるお仕事〜今回は「紙フィルターを使わないコーヒードリッパー」です。

ローレルスタイル カフェハット
近鉄不動産ローレルスタイル 幸せを呼ぶおいしい香り。

コーヒーを落とすといえば、紙フィルターを使ったり、ネルを使ったり。
でも、今回取材したドリッパーは、
まったくフィルターを使わないセラミックドリッパー。
実際にコーヒーを入れてみましたが、
お湯を入れると、コーヒー豆がふわ〜っとふくらむんです。
まるで生きているみたい。
いい香りが広がって、コーヒーを入れるときから幸せな気分にしてくれます。

コーヒーがポタポタ落ちる様子をながめている時間も、
たまには大事ですね。

お仕事をふってくださる編集者さんに、
感謝感謝です。

このページのトップへ↑

「読まれる社内報」とは

最近、社内報の制作にもかかわっています。
そんな中、社内報セミナーを取材する機会をいただきました。

人を動かす社内報の作り方って?(月刊総務オンライン)

ネタがない、企画に困っている、という社内報担当者の方には、
とても役立つ内容だと思います。

このページのトップへ↑