大阪のライター オフィス「おふぃす・ともとも」代表ブログ

大阪在住のライター高野朋美(おふぃす・ともとも代表)です。最新の実績、仕事への思いなどもご紹介。

TOP >2005年08月

選べます。文章のテイスト。

新聞、雑誌、フリーペーパー、学術情報誌など、さまざまな原稿を執筆した経験があります。
お好みのテイストで執筆いたします。



明るい文章、勢いのある文章。
タウン誌や情報誌などでよく見る文章です。
ライトなタッチながら、読者に「楽しさ」「面白さ」「興味深さ」を感じさせます。

【これまでの執筆例】
毎日ペット新聞・特集」(毎日新聞大阪本社)
らくうえる南河内」(ステラ)
「山陰 WINK」(キャン)
シニア向け情報誌 もも」(プロ・ビヂョン)
「ふれあい近畿」(近畿地方整備局)
中国人の正体 見出しコピ—」(学研新書)...ほか




やや専門的な文章。
業界専門誌や報告書、レポート記事などで見かける文です。
専門家や予備知識のある方が読者となるケースが多いので、専門用語もある程度使います。

【これまでの執筆例】
「臨床研修指導研修会報告書」(ファイザー)
迷ったときの医者選び」(角川SSコミュニケーションズ)
「ブライダルマーケット総合分析'96」(ボイス情報)
「考・お客様対応」(日本消費経済新聞社) ...ほか




自然体な文章。
ホームページや商品パンフレットなど、やわらかいタッチの媒体で見られます。
読者に語りかけるようなやさしさ、ナチュラルさを大切にします。

【これまでの執筆例】
家族いっしょにいる幸せ」(善本社)
山内写真館ホームページコピ—」(山内写真館)
雪花の郷 ホームページコピ―」(ジャパンプランニング)
オリーブ島のマドンナ ホームページコピ―」...ほか





切れのある文章。
経済誌や新聞などで見かける文です。
ビジネスモードな明確さ、明解さを全面に出します。

【これまでの執筆例】
「静岡新聞」(静岡新聞社)
「日本消費経済新聞」(日本消費経済新聞社)
「フェイズ・スリー」(日本医療企画)
ばんぶう」(日本医療企画)...ほか



このページのトップへ↑

コピ―から長文まで、幅広く。

キャッチコピ—やボディコピ—といった「コピーライティング」から、何百ページにおよぶ書籍の「執筆」まで手がけています。
短文、長文、やわらかい文体、かたい文体など、あらゆる書き分けに対応しています。

どんな文章でも執筆しますが、わたしが目指しているテキストワークについてもご紹介しております。
少しでも共感下されば幸いです。↓

おふぃすともともがめざす文章とは

【文章カテゴリー別:仕事例の一部】

                            家族いっしょにいる幸せ
                        「家族いっしょにいる幸せ」
       迷ったときの医者選び「迷ったときの医者選び」
                          シニア向け情報誌 もも
                    「シニア向け情報誌 もも特集」
      暮らしを変えた道50選                    おふぃすともともがめざす文章とは  
  「暮らしを変えた道50選」            「らくうえる南河内」      
        ばんぶう                       毎日ペット新聞 
        「ばんぶう」              「毎日ペット新聞」
                      中国人の正体見出しコピ―        山内写真館HPコピ―
              「中国人の正体 見出しコピ—」「山内写真館HPコピ—」
                             

                            

このページのトップへ↑

高野朋美の書く「ナチュラルテキスト」とは


ナチュラルテキスト


たくさんのコトバを重ねて、完璧に着飾るように書く。
そういう文章もありだと思います。

でも、香水の香りをプンプンさせ、ばっちりメイクで整えた人より、肌感があって、自然なにおいのする人のほうが、なぜだかホッとするもの。

わたしが手がける文章は、そんな文章です。

すっぴんでは、公の場に出るのに、ちょっと申し訳ない。
でも、あまり派手すぎると、かえって人に不快感を与える。

その中間、つまり…

薄づきのナチュラルメイクみたいな文章
を書きます。

名付けて、ナチュラルテキスト。

書き手としての「観察眼」は鋭く。
でも、
女性である優しさ、
母であるぬくもり、
人間への愛情は、
たっぷりと文章に反映したい。

誰かに寄り添って、トンと背中を押すような、そんなテキストをご提供していきたいと思っています。

このページのトップへ↑