大阪のライター オフィス「おふぃす・ともとも」代表ブログ

大阪在住のライター高野朋美(おふぃす・ともとも代表)です。最新の実績、仕事への思いなどもご紹介。

TOP >2012年01月

新幹線派?それとも…

旅取材や打ち合わせなどで、
全国あちこちに出かけていくことが多いのですが、
移動手段として使うことが多いのは、
飛行機より、断然、新幹線です。

新幹線の中でネットができるようになってからは、
よけいに新幹線に傾いています。

わたしにとっては、走る書斎状態。

大阪、東京を移動するおよそ2時間30分、
だいたい車内で仕事をしています。

そのときによく使うのが、
ipadとBlurtooth キーボードの組み合わせ。
キーボードは、以下のものを使っています。
(ちなみに、使い勝手はとっても良好)

ipadにはワードがないので、
iText Padというアプリを使って原稿を書いています。
ipadは持ち運びも便利だし、荷物にもなりません。
仕事に欠かせない、大切な武器と化しています。
(ジョブズさん、ありがとう)

乗り物に乗ると、なぜか仕事がはかどるんです。
いつもは考えつかないようなアイデアも出てくるし、
落ち着いていろいろなことを考えられる。
不思議ですね。

このページのトップへ↑

母親の役目

きょう、子どもの通う高校へ、最後のPTAの集まりで出かけました。

結局3年間、PTAの役員をさせてもらいました。

フリーランスとはいえ、
仕事のスケジュールと調整しながらPTAに参加するのは、
正直しんどいときもありましたが、
やってよかったと思っています。

仕事をしていると、
どうしても「専業主婦」「お母さん」と接する機会が少なくなります。
だから、PTAで出会うお母さん方との会話は、
わたしにとってはけっこう新鮮でした。
お母さんたちは、こういう考え方をするんだ、
そんなふうな思いでいるんだ、ということが分かったことは、
とても大きな収穫でした。

PTA新聞を作った経験をもとに、
「地域新聞の作り方」という市民講座も持たせてもらいましたし、
仕事にもちゃんとつながりましたよ。

これで終わりか、と思うと、
ほっとするやら、ちょっとさびしいやら。
でも、つたないながら、ほんの少しでも学校と関われたことは、
ちょっと誇っていいかな、なんて思っています。

今日もほかのお母さんと
「PTAでもやらなきゃ、なかなか学校へは来ないもんね」
と話しました。
PTAをやったからって、何がどうなる、というわけでもありませんが、
親が学校に足を運び、学校の雰囲気や先生や生徒たちの表情を見るのは、
小さなことかもしれませんが、大事なことだと思います。

ともあれ、わたし、お疲れ様でした。
母親の役目、一応、終了でございます。

このページのトップへ↑

旅のアトリエ2月号が出ました

旅のアトリエ201202

取材、執筆のお手伝いをさせていただいた
JR西日本ジパング倶楽部『旅のアトリエ2月号」が出ました。

今回のテーマは「お遍路」。
今年は4年に1度しかめぐってこない「逆打ち」の年なのだそうです。
逆打ちとは、札所を88番目から逆にめぐっていくこと。
道のりが厳しい分、いつもより御利益が大きいといいます。

逆打ちには、とある伝説が関係しているのですが、
その伝説をたどるようにめぐってみるのも面白いですよ。

ぜひ四国へお出かけくださいませ。

このページのトップへ↑

作戦会議に参加中

いま、とあるコンペの企画チームに入れていただいています。
これまでは、あまりコンペ案件に関わることはなかったのですが、
このところ増えています。
見事コンペに勝つこともあれば、泣く泣く敗退することももちろんあります。
でも、何にせよ、とても面白い。
試合をしているみたいで、私は燃えてしまうのです。

フリーで仕事をしていると、仕事の一部分だけを依頼されることが多いですし、
それが当然のことでもあります。
でも「取材して書くだけじゃなくて、コンペのアイデア出しから参画して」
と言われると、やっぱりうれしいですね。
いっしょにいいもの作ろうよ!と言われているようで、
すごくやる気が出てきます。

いま関わっているコンペ、勝てるといいな!
なんだかワクワクしています。

このページのトップへ↑

ステキなマンガをいただきました

先日、知り合いの漫画家、たけしまさよさんから、
こんなステキなマンガをいただきました。

たけしまさよマンガ

東北の被災した蔵をめぐったときのことを、
エッセイ風マンガにしたものです。

飲んだことのある蔵さんの名前が出ていて、
あらためて東北に思いをはせました。

たけしまさんのマンガは、
重たいテーマを扱っているのに、
どこか面白くてふっと笑えます。
阪神淡路大震災の体験をもとにした
あいちゃんのボランティア神戸日記」も描いていらっしゃいます。

これは一度読んでみてほしいマンガ。
いや、読んでみてください!

このページのトップへ↑

大盛況。フリーランス名刺交換会

2012出版ネッツ関西名刺交換会


昨日20日行われた、出版ネッツ関西の新年会&名刺交換会、
非常に大盛況でした。
おそらく、100人以上の方々がいらっしゃっていたんじゃないでしょうか。
会場はすごい熱気でした。

わたしは和服で司会をやらせていただきましたが、
司会の合間に、とてもたくさんの人と出会うことができました。
やはり、出会いの場はいいですね。
刺激になります。

今年もみなさんといっしょに、いい仕事を創っていきたい!
と気持ちも新たになりました。

みなさま、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

このページのトップへ↑

明日はフリーランス賀詞交換会

明日、1月20日(金)は、
フリーランスと出版社・編集プロダクションをつなぐ賀詞交換会です。
いろいろな方と出会えるのを、とても楽しみにしています。

【出版ネッツ関西 新年会&名刺交換会】
日時:2012年1月20日(金)18:30~20:30
場所:ブライトンベル御堂筋店
参加費:4,000円
概要・アクセス:http://goo.gl/H9BXL

このページのトップへ↑

うまくいきました!

きのうセミナーで勉強した「RSS Graffitiでブログ更新をFacebookに反映する。なおかつツイッターにも反映する」という方法、うまくいったみたいです。
なんか、うれしいです。
やっぱりセミナーには参加すべきですね!

このページのトップへ↑

ただいまfacebookの勉強中

きょうは、わたしが所属するPGC(パイオニアグリーンサークル)という若手(!)写真館の仲間たちと、
Facebookの勉強会をしています。
このブログを書いているのも、実は、
ブログの投稿をFacebookに自在に反映できる「RSS Graffiti」を試すため。

うまく反映してくれるかな。
とりあえず、トライ!

このページのトップへ↑

とある老人ホームを取材しました

今日の午後、新しくできたばかりの、とある老人ホームを取材しました。

まるでマンション!
モデルルームも見せてもらいましたが、
あまりのステキさに「わたしが住みたい!」と思ってしまいました。
しかも、それほど高くない。
老人ホームは、確実に進化していますね。

だけど、お話をおうかがいすると、
どれだけステキなところであっても、
「親をホームに入れる」ということで、ご家族はとても悩まれるそうです。
本当は家で面倒をみたいけど、いろいろな事情からそうできない。
そんな、後ろめたい気持ちを引きずりながら、
入所を決められるそうです。
わたしもいつか、そんな気持ちを経験するときがくるのかな、
なんて思いました。

以前にも老人ホームの取材をしたことがあるのですが、
そのとき、同行のディレクターから、
「老人ホームは、私たちから見れば『施設』だけど、
入所している人から見れば『自宅』だよ。
だから、他人の家にお邪魔している気持ちで取材してね」
と言われたことがあります。
確かにそうです。
自分の家に、誰だかわからない人がズカズカ入ってくるのは、
たまらないですものね。

だから私は、老人ホームのような施設を取材するときは、
出会った入居者の方々に「こんにちは。お邪魔しております」
とお声をかけるようにしています。

私もいずれ、ホームのお世話になるときが来るのかな。
できれば、いっしょに住むお仲間と日本酒会をつくり、
ワイワイ楽しみたいな、なんて妄想をふくらませながら、
帰路につきました。

このページのトップへ↑

コピーと見出しはちがう。

コピーを書いていて思うのは、
「より五感が要求される言葉だな」ということ。

ほんの一行で、味、音、空気感、感情まで
読む人に伝えなければなりません。

むずかしい。

でも、こんなにいさぎよい言葉もないと思います。

キャッチコピーを見て
「本文の内容を正確に言い表していない」
というケースがありますが、
コピーは「見出し」とは違うと思っています。

見出しは、本文の要約ですが、
コピーは、本文を読んでもらうための「つかみの言葉」です。
役割が、ちょっと違うんですね。

コピーライター養成講座に通っていたとき、
こんなふうに教えてもらったことがあります。

「この一行のコピーは、なんのためにあるのか分かる?
 次の一行を読ませるためにあるんだよ」

コピーを見て「おもしろそう。次を読んでみよう」
と思っていただければ、わたしたちコピーライターの勝ち。
思っていただけなければ、わたしたちの負け。

次の一行に誘い込めるようなコピーを、
もっともっと目指したいです。

このページのトップへ↑

フリーランスが集まる賀詞交換会のお知らせ

2012年1月20日(金)18:30から、わたしも所属するフリーランス団体「出版ネッツ関西」の賀詞交換会があります。
いいライターやデザイナーを探しにやってくるクライアントさんもけっこういらっしゃいます。
もちろん私も出席いたします。
ぜひおいでくださいませ。
●詳細はこちら→http://netswest.org/modules/news/article.php?storyid=34

このページのトップへ↑

ホームページをリニューアルしました。

このほど、ホームページをリニューアルしました。
「おふぃす・ともともホームページ http://www.e-tomotomo.com/」
おふぃす・ともともサイト

いままではこのブログをホームページのように編集していましたが、
これからは、ホームページとして独立したサイトを持ち、
ここでは、ライターとして日々感じたことや、最新の仕事例などをアップしていきたいと思います。

当ブログ、ホームページとも、引き続きよろしくお願いいたします。

このページのトップへ↑

女性のための本が発売になりました。

このほど、編集のお手伝いをさせていただいた本
「働く女 素敵な新ルール」(有川真由美著/明日香出版社)
が発売になりました。

「このままでいいんだろうか」「わたしの人生、どうすべき?」
と思い悩んでいるすべての女性に読んでほしい一冊に仕上がっていると思います。
なにより、著書の有川さんがステキ。
読めば「ああ、わたしもなりたい自分になれるんだ」と自信を取り戻せると思います。

女性らしく、ステキな人生を送りたい方に強くおすすめします。

働く女素敵な新ルール


このページのトップへ↑

2012年、あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

これまでどおり、本、雑誌、HP等のライティング力・取材力を核にしながら、
日本酒ライターと写真館広報にも力を入れてまいります。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2012迎春

このページのトップへ↑