大阪のライター オフィス「おふぃす・ともとも」代表ブログ

大阪在住のライター高野朋美(おふぃす・ともとも代表)です。最新の実績、仕事への思いなどもご紹介。

TOP > 仕事への思い・ワザ >母親の役目

母親の役目

きょう、子どもの通う高校へ、最後のPTAの集まりで出かけました。

結局3年間、PTAの役員をさせてもらいました。

フリーランスとはいえ、
仕事のスケジュールと調整しながらPTAに参加するのは、
正直しんどいときもありましたが、
やってよかったと思っています。

仕事をしていると、
どうしても「専業主婦」「お母さん」と接する機会が少なくなります。
だから、PTAで出会うお母さん方との会話は、
わたしにとってはけっこう新鮮でした。
お母さんたちは、こういう考え方をするんだ、
そんなふうな思いでいるんだ、ということが分かったことは、
とても大きな収穫でした。

PTA新聞を作った経験をもとに、
「地域新聞の作り方」という市民講座も持たせてもらいましたし、
仕事にもちゃんとつながりましたよ。

これで終わりか、と思うと、
ほっとするやら、ちょっとさびしいやら。
でも、つたないながら、ほんの少しでも学校と関われたことは、
ちょっと誇っていいかな、なんて思っています。

今日もほかのお母さんと
「PTAでもやらなきゃ、なかなか学校へは来ないもんね」
と話しました。
PTAをやったからって、何がどうなる、というわけでもありませんが、
親が学校に足を運び、学校の雰囲気や先生や生徒たちの表情を見るのは、
小さなことかもしれませんが、大事なことだと思います。

ともあれ、わたし、お疲れ様でした。
母親の役目、一応、終了でございます。

このページのトップへ↑