大阪のライター オフィス「おふぃす・ともとも」代表ブログ

大阪在住のライター高野朋美(おふぃす・ともとも代表)です。最新の実績、仕事への思いなどもご紹介。

TOP > これまでの仕事例 >「ときめくミュージアム」の取材執筆を担当しました

「ときめくミュージアム」の取材執筆を担当しました

ときめくミュージアム神戸京都大阪

岡山の制作会社「KG情報」さんが発行する
ときめくミュージアム 神戸 京都 大阪
が発行となりました。

今回わたしは、この中に掲載されている
京都の美術館の取材・執筆を担当させていただきました。

アートを見るだけでなく、
散策したりお茶したりと、
いろんな楽しみ方ができるミュージアムが盛りだくさん。
紅葉の時期、これを一冊もって出かけると、
思わぬ穴場を発見できること間違いありませんよ。

ところで、この取材で、
ひとつのドラマがありました。
取材では、美術館側の広報の方と
やりとりをさせていただいたのですが、
原稿が出来上がったとき、その担当者さんが
「わたし、あさってで退職するんです。
高野さんとのお仕事が、最後になりました」と。

ええ〜!わたしとの仕事が最後だったんですね。
フィナーレにふさわしいお仕事ができていたら
うれしいなあ、と思いつつ、
そんなタイミングで取材させていただいたことを、
心から感謝しています。

長く仕事をしていると、
誰かの引き際に直面すること、ありますね。
一期一会、という言葉を、胸に刻みました。


このページのトップへ↑