大阪のライター オフィス「おふぃす・ともとも」代表ブログ

大阪在住のライター高野朋美(おふぃす・ともとも代表)です。最新の実績、仕事への思いなどもご紹介。

TOP > 仕事への思い・ワザ >教える立場になって、初めてわかること

教える立場になって、初めてわかること

ここのところ、若いライターさんといっしょに仕事をする機会が増えました。
増えているというより、増やしている、というか。

私はいま、ライターの技術をもっと多くのクライアントのみなさまに提供できるよう、
たくさんのご依頼を受けられる体制を整えたいと思っています。
でも、そうなると、わたし一人のマンパワーではとても足りない。
どうしても「仲間」の存在が必要になります。

現在も「もんじゅ〜る」という力強いクリエイターネットワークがありますが、
それプラス、これからライターとして花を咲かせようという方に、
わたしの経験を伝えながら、よき仲間へと成長していただく。
それもまた、大切なことだと思うようになりました。

でも、教室で教えるだけでは、戦力となる技術は身に付かない。
やはりOJTだ、ということで、
やる気のある若いライターさんを引っ張り回しては、
あれこれと口を出しております。

私は決して、人に教えられるほどえらくはありません。
でも、これまでの経験を伝えることならできる。
そして、それが最もお役に立つことだと信じています。

さて、人に教える立場になって、初めてわかること、いろいろありますね。
なにより見えてくるのは、自分の「仕事ぶり」です。
教えることによって、自分の仕事を客観的に見れるのだと思います。
「あ、わたしって、こういう思考をしていたんだ」
と改めて気づかされることがあれば、
「ここは私自身も直した方がいいな」
と思えることもあります。

おもしろいですね。世界がどんどん広がる。
若いころより、ずっと人生が楽しい。
私を楽しませてくれる、仕事、人、環境に感謝しながら、
今年はさらに飛躍をしたいと思っています。

このページのトップへ↑