大阪のライター オフィス「おふぃす・ともとも」代表ブログ

大阪在住のライター高野朋美(おふぃす・ともとも代表)です。最新の実績、仕事への思いなどもご紹介。

TOP > 仕事への思い・ワザ >心の中の龍

心の中の龍

東日本大震災の被災地を訪問したブータン国王が、龍の話をしたことが話題になりました。
いまさらなのですが、私はこの龍の話に、とても心を動かされました。

-----------------------
私たちの中には、人格という龍がいる。
それは一人ひとりの中にいる。
そして、龍は経験の上に存在している。
経験がたくさんあるほど、龍は大きく、そして強く育っていく。
-----------------------

龍は、ブータン王国にとって大切な意味を持ちます。ブータンは「雷龍の国」と言われており、国旗にも龍が描かれています。
ブータン国王が龍の話をしたのは、龍が国の魂だからではないかと思っています。

人格を龍に例えるなんて、ステキだな、と思いました。
その龍は育つにつれ、きっと暴れるんでしょうね。
だから国王は最後に「何よりも大切なのは、自分の感情をコントロールすること」と言いました。
暴れる龍を制し、経験という糧を与えて強く育てなさい、ということだと思います。

経験は、自分を磨くことと同じだと思います。
磨くという文字の中には「石」という字があります。
固い石をやわな自分に当てて、ゴリゴリと磨く。
それはとても痛いことなのですが、それをするから強くなる。たくましくなる。
私はそう信じています。

最近、とても気になっていることがあります。
経験を積むことが自分を磨くことになると分かっているのに、固い石から逃げようとする人がいる。
それは年配者より、若い人や学生さんに見られます。
中にはすごく気概があり、ゴツゴツした大きな石に自ら体をこすりつけに行くかのように、日本中をめぐり、世界中をめぐり、たくさんの経験を積んで自分を鍛えている学生もいます。
でもそんな人はほんの一握り。大半は、痛みを恐れるあまり、経験から逃げようとしているように思えてならないのです。
私の杞憂であり、単なる決めつけであることを願ってやまないのですが。

思えば私も、学生のころは本当にダメな人間でした。
固い石からよく逃げていましたし、一歩を踏み出す勇気も足りなかった。
だけど、「この石、あなたを磨いてくれるからあげるよ」と言われた石を、「いや、自分には無理ですからいらないです」と断ったことはないように思います。

石はチャンスでもあります。
そのチャンスを「あなたのためになるから」とわざわざ差し出してくれる人がいるのに、その手を横目に、「申し訳ないですから」「自分なんかにできないですから」「え〜、痛いじゃないですか〜」と笑顔ですり抜けていく。
手を差し出した人に残るのは、何とも言えない寂しさとやるせない思いです。

どうか龍を育ててほしい。
自分の中にいる龍は、自分にしか育てられません。
誰かがえさをくれて、毎日世話をしてくれるわけではありません。
経験という、自分にしかできないえさを与えることでしか育ちません。
時間のあるうちにこそ、たくさん経験してほしい。経験するチャンスを自ら捨てないでほしい。

自分が信頼する人、すごいと思っている人、尊敬する人のすすめてくる石に、はずれはありません。すべてが経験となり、龍のえさとなってくれます。
それに、そんな人たちが、立ち直れないまでに体を傷つけてしまう固い石をすすめてくるとは思えません。
相手が耐えられる適度な固さと大きさの石を、その経験に照らし合わせて選んでくれているはずです。
なのに、そこから逃げるのは、石をすすめてくれる人を悲しませるだけです。

そんなふうに考えながら、自分が日々感じる悲しさやいらだちを制御できない私もまた、未熟だなと思います。
私の中にいる龍は、まだまだ十分に育っていないし、少々暴れん坊です。
ちゃんとコントロールしながら、固い石、柔らかい石、苦い石、ゴツゴツした石、そのすべてを自分の経験としながら、毎日を生きていこうと思います。

このページのトップへ↑