大阪のライター オフィス「おふぃす・ともとも」代表ブログ

大阪在住のライター高野朋美(おふぃす・ともとも代表)です。最新の実績、仕事への思いなどもご紹介。

TOP > スポンサー広告 >人の成長TOP > 仕事への思い・ワザ >人の成長

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ↑

人の成長

ときどき、びっくりすることがあります。
「この人、いつの間にこんなに成長したんだろう…」と、目を見張るくらい見違える人がいます。
やる気があるのかないのか分からない状態から、明らかに前向きな姿勢に切り替わる。
そんな場面を、何度か見てきました。

何度言っても、何を言っても届かないことが重なると、こちらはイライラします。
どうして分かってくれないんだろう。なんで分からないんだろうと。
でも、あとで振り返ってみると、分かってくれなかったわけでも、分からなかったわけでもないんだな、ということに気づかされます。
お相手は、ちゃんと分かっているのです。
それをどう実践していいのか、その方法が分からなかっただけ。
それをこちらが「理解していない」と勝手に誤解して、気をもんでいるだけなのです。

わが子が高校1年生のとき、テストで赤点に近い点数をとってきたことがあります。
急にではなく、徐々に成績が落ちていき、ついには赤点レベルにまで達してしまったのです。
自分で言うのも何ですが、子どもの頃から成績優秀だった私には、学校のテストで赤点をとること自体、信じられませんでした。
なんでこの子は基本的な勉強すらできないんだろうと思うと同時に、私の中で、何か憑き物のようなものが落ちました。
「この子、落ちるところまで落ちたな」
そう思った瞬間、何だか肩の荷が下りたのです。

それ以来、私はわが子に「勉強しろ」とは言わなくなりました。
あれだけ言ったのに、あれだけ赤点を恐れていたのに、ついにわが子はそのボーダーを越えてしまった。ダメだこりゃ、という気持ちの前に、これで怖いものはなくなった、という気持ちが芽生えてきたのです。
そうなると、こちらもすっきりしたもの。
もう勉強はできなくてもいいや、元気でいてくれればそれでよしとしよう、と思い始めたのです。

勉強しろと言わなくなって、わが子の成績は急に伸び始めました。
それはもう、不思議なくらい。
たぶんわが子は、私の「勉強しろ」というプレッシャーから解放されたのでしょう。
わが子自身、成績を上げなければいけないことは分かっていたのです。
私に繰り返し言われるまでもなく。
でも、プレッシャーを感じていたから、よけいに萎縮し、勉強がイヤになっていたのではないでしょうか。

私はいまでも、パートナーライターたちにプレッシャーをかけています。
でも、それをはずす時期がきっと来ると思っています。
何度言っても、何を言ってもできなかったことが、できるときが必ず来る。
縮こまれば縮こまるほど、解き放たれたときにバネが大きくジャンプするように、一気に階段を駆け上がるときが来ると思っています。

このページのトップへ↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。