大阪のライター オフィス「おふぃす・ともとも」代表ブログ

大阪在住のライター高野朋美(おふぃす・ともとも代表)です。最新の実績、仕事への思いなどもご紹介。

TOP > 仕事への思い・ワザ >「あっという間」と言うのはもうやめよう

「あっという間」と言うのはもうやめよう

今年も残すところあと2日です。
この年末、「あっという間の1年でした」という声をあちこちで聞きました。
本当ですね。1年経ったとは思えないほど、すごいスピードで時間が過ぎているような気がします。

おそらく、気のせいではなく、現実的に、時間があっという間に過ぎているのだと思います。
特に私たちがいる情報産業の世界は、1年1年スピードが速まっていると実感しています。
早く、効率的に、しかも少数精鋭で。
1人にかかる仕事量が多くなる分、その人の仕事処理能力が磨かれ、短時間で質の高い仕事ができるようになります。
これはいいことでもあり、反面、よくないことだとも思っています。
効率や処理能力がアップする一方で、余裕、遊び、ムダがなくなっていく。
一見ムダだけど、実は必要なものが削られていくという一面もあると思います。

「あっという間ですね」という言葉の裏には、忙しくてぜんぜん余裕がありませんでしたよね、という言葉が隠れているように思います。
じゃあ、効率を重視するのをやめて、もっとゆとりを持ちましょう、というライフスタイルになるかというと、おそらくそうはならないでしょう。
1年が過ぎるスピードの加速は、これからも止まらない気がします。
そして、加速の中で振り落とされたり、押しつぶされたりすることも出てくるでしょう。

じゃあ、どうするか。
悲観しても嘆いても始まりません。
その環境下でベストを尽くす道を探すことが、いまはベストだと思っています。
私も毎日忙しいですし、パートナーライターからは「高野さん、たまには休んでください」と心配されます。
でも、意外と遊んでいます。休日らしい休日はありませんが、きちんと寝ているし、大好きな日本酒も飲んでいる。韓流ドラマも見ています。

忙しいのに、どうやってゆとりを持つのか。
そのコツは「時間の使い方」にあると思います。
私にとっては、30分が貴重です。30分で遊べます。仕事を1つこなせます。30分長く寝れただけで、疲れの取れ方が違います。
たぶん、超多忙と言われている方々は、時間の使い方が格段にうまいのではないでしょうか。

時代のスピードが「あっという間」であることは、もう分かりました。
時代がそうくるなら、私は、あっという間の中でどう過ごすかに目を向けたいと思います。

2016年の残り2日間、私は実家に戻ります。
田舎で一人暮らしをする父との時間、大掃除をちょっとだけ手伝う時間、近所のおばちゃんとちょこちょこ会話する時間、今年のまとめをする時間、墓参りする時間。
全部が大事な時間であり、私の豊かさとなってくれます。
高速の時間の中にありながら、遊びと余裕とムダを作り出す工夫をしようと思っています。

このページのトップへ↑