大阪のライター オフィス「おふぃす・ともとも」代表ブログ

大阪在住のライター高野朋美(おふぃす・ともとも代表)です。最新の実績、仕事への思いなどもご紹介。

TOP > 仕事への思い・ワザ >ビジョンを持て

ビジョンを持て

長らく、私は「ビジョン(目的)」というものが何なのかわかりませんでした。
将来の展望、なりたい自分、ほしいもの・コト、ゴールetc。
こんなふうに、ビジョンはいろいろな言葉に置き換えることができるからです。

いったい、どれが本当のビジョンなのだろう。
年収をアップするというのもビジョンなら、世の中の人を笑顔にするのもビジョン。
でも、両方ともしっくりこない。腑に落ちない。
年収アップって、とても具体的だけど、果たしてビジョンの一つととらえていいのか。
世の中の人を笑顔にするって、確かに大きなビジョンだけど、なんとなく漠然としていて具体性に欠けている気がする。
もっと「ビジョンっていうのはこういうことです!」とズバリ言い切ることはできないのだろうか…。
最近まで、そんなふうに思っていました。

いまでも、ズバリこれ!と言い切る自信はないのですが、「ビジョンとは、こういうものではないか」と思い当たっていることはあります。

世の中を幸せにするために、自分が貢献できること。

これがビジョンなのではないかと、いまは思っています。。

さて、では私のビジョンとは何か。
ライターという仕事の価値を上げることで、世の中を幸せにすること。
これです。
「思いのこもった文章で、世の中をうれしくする」という、おふぃす・ともともの企業理念とも通じます。

文章は誰にでも書けます。
でも、書いたものが伝わりやすいか、わかりやすいか、面白いかという観点で見ると、かなりクオリティに差があります。
私たちライターは、高いクオリティのものを生み出すプロのはず。
ところが、ライターには資格も何もいらないためか、プロだと言っている人たちの間に、大きなクオリティ差があります。
それによって、書く仕事をライターに頼みたい人たちが苦慮している現実があります。仕事を頼んだはいいが、自分たちが書いたほうがましだと思える原稿しか上がってこなかった、というケースです。

私は、ライターはもっとプロの技量を磨かなければならないし、それによって、自分たちの仕事の価値を上げなければならない、と思っています。
そうでなければ、書くことで世の中をうれしくできないからです。

伝えたいことがある人の「思い」をくみ取り、わかりやすく、読みやすく、面白く伝えることで、読み手に「へえ〜」「なるほど」「そうだったんだ!」という知的感動をもたらす。
これができる人が、私の考えるプロのライターです。

こうしたプロが増えることで、私はもっと世の中のコミュニケーションがスムーズになると思っています。
人の世は、誤解だらけ、自分の思いが相手に伝わっていないことだらけです。
でも、それは無理もないことです。
だって、自分と人とは違うのですから。違うからこそ、相手に分かるように「思い」を伝える必要があると思っています。

そのお手伝いをするのが、わたしたち。
それを成し遂げるために、「文章」を使いこなす技量を持ち、活用しているのが、ライターだと思っています。

会社を大きくすることが私のビジョンではありません。
たくさん儲けるのも、年収アップもビジョンではない。
ビジョンに近づくための「手段」にはなりえますが、「目的」にはならない。
これが、ビジョンと手段の違いだと思います。

自分や自分の家族、親しい人だけが得することではなく、アカの他人や社会も含め、世の中が得をすることを考える。
たぶん、これがビジョンに必要な視点です。
その対価として自分たちも潤うというのが、会社の正しいあり方かな、と思っています。

このページのトップへ↑