大阪のライター オフィス「おふぃす・ともとも」代表ブログ

大阪在住のライター高野朋美(おふぃす・ともとも代表)です。最新の実績、仕事への思いなどもご紹介。

若い力

八尾バルという地域密着イベントにかかわるようになり、多くの学生たちと交流をもつようになりました。

わたしは、学生たちが好きです。
彼ら、彼女たちは、本当に「いまどきの世代」であり、「ゆとり世代」のど真ん中です。
接していて、「え?なにその無気力ぶり…」「どうしてそんなに安定志向なの?」と驚くこともあります。
でも、ときどき見せる創造力や発想力には、驚かされるものがある。
そんな姿を見るにつけ、とてもうれしくなるし、愛おしくなるんです。

「学生」とひと言でいっても、みんなそれぞれ違う人間ですから、当然のように個性があります。
その個性をある程度無視し、彼ら、彼女たちの総合的な傾向をわたしなりに分析すると、次のようになります。

・誰とでも親しくなれる
…人とぶつかり合うことがきらいで、誰とでも当たり障りなく仲良くできるスキルは高いように感じます。
・遠慮する
…相手の気持ちを察し、自分が引くべきところは引きます。相手がどう思おうが、自分の道をずかずかと進むような人はほとんどいません。
・本心を胸の中にしまっている
…自分をさらけ出すのは恥ずかしい、怖い、という思いが強いようです。人前で激しく怒ることも、ぐしゃぐしゃに泣くことも、あまりないのでは?と感じます。

これらは、すべて長所であり、短所でもあります。

誰とでも親しくなれるというのは、八方美人である、ということでもあります。広く浅い付き合いはできるけど、深く長い付き合いはできにくい、ともいえます。

遠慮するというのは、日本人の美徳でもありますが、あまりに遠慮しすぎると、慇懃無礼と受け取られます。

本心を胸の中にしまっているのは、自分を守る一番の方法でもあります。でも、相手からは「どうして本心を明かしてくれないの?」と思われがちです。

わたしは、彼ら、彼女たちのこうした傾向とは真逆の生き方をしたいと思ってきました。
誰とでも親しくなれるほど心は広くありませんし、へんな遠慮もしません。自分の本心を隠しておくという器用なまねもできません。いつも本音です。
そんな生き方をしてきて、傷ついたことも、傷つけたこともあります。嫌われたことも、もちろんあります。

でも、それで良かったと思っています。
たくさんではありませんが、そんなわたしを愛してくれる人たちはいます。
わたしのことを分かってくれる人が10人中1人か2人いれば、わたしにはそれで十分。胸を張って生きていけます。

なにより、わたしは人が好きです。
嫌われたくないという気持ちより、好きになりたいという気持ちのほうが強いのです。
だから、遠慮もしないし、本心も隠さない。心は裸の付き合いをしたいな、といつも思っています。
-----------------------------
2年間、人に好かれようとする努力よりも、
2ヶ月間、人を好きになった方が
ずっと多くの友を得られるだろう。
(デール・カーネギー)
-----------------------------
これ、とてもいい言葉ですよね。
好かれようとして遠慮するより、相手を理解しようと努力するほうが、ずっと「生きる力」が磨かれると思います。

わたしのまわりにいてくれる学生のみなさん。わたしは、あなたたちのことがとても好きですよ。
あなたたちが「生きる力」を手に入れようとして、いっしょうけんめいジタバタしている姿に、いつも元気づけられているし、若い力や生命力のようなものすら感じています。
大人になると忘れがちなものを、あなたたちはもっていますよ。

よく怒りますし、イヤなことも言う、ちょっと面倒くさい私ですが、いっしょに遊んでくださいね。

このページのトップへ↑