大阪のライター オフィス「おふぃす・ともとも」代表ブログ

大阪在住のライター高野朋美(おふぃす・ともとも代表)です。最新の実績、仕事への思いなどもご紹介。

TOP > スポンサー広告 >レールを敷かないプロジェクト、スタートTOP > 仕事への思い・ワザ >レールを敷かないプロジェクト、スタート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ↑

レールを敷かないプロジェクト、スタート

4月5日のブログで、私が住む大阪府八尾市の地域イベント「八尾バル」にからめ、八尾バルメニューの編纂をおふぃす・ともともの事業にする、と言いました。
それを、だんだんと進めていこうと思っています。

八尾バルは、2011年から始まった「地産地食の飲み歩きイベント」で、次の開催日である7月22日で第13回目を迎えます。
バルイベントとは、地域の飲食店といっしょになって行うまちおこしイベントで、参加者に1ドリンクと1メニューを提供し、はしご酒のように各店をまわっていただこうというものです。

数年前から関西で広がりをみせ、現在も大阪各地で行われているバルイベントですが、八尾バルが他のバルイベントと違っているのは、毎回「食材のしばり」を設けているところです。
飲食店の方々に「バルメニュー」を考えていただくとき、夏は「八尾えだまめ」、春は「八尾若ごぼう」を必ず使っていただくようお願いしています。

それは、八尾の特産物でメニューをつくってもらうところに、八尾でバルを開催する意味があると思っているから。
単なる飲み歩きイベントではなく、八尾の特産をPRしながら、八尾の良さ、八尾の飲食店のあたたかさを知ってほしい、という思いがベースにあるからです。

食材にしばりを設けた、バルイベントの中でも希少な八尾バル。
そんな八尾バルから生まれた「ご当地グルメ」ともいえるメニューが、12回分も積み上がっている。これをまとめて、何かの形で発信したい。
それが、八尾バルメニューの編纂を事業としてやろうと思ったきっかけです。

八尾バルメニューの編纂は、当社のライターたちが表舞台に立って進める形にしたいな、と思っています。
できれば、本にするのか、webで情報発信するのかも含めて、その企画から考えてほしいと考えています。
編纂事業そのものを、当社の駆け出しライターの「チャレンジの場」にしたいというのが、私の想いです。

そこに関わってほしいのが、学生さんたちです。
八尾バルは、学生たちが運営を担ってくれたおかげで、ここまで続けることができました。
八尾バルメニュー編纂にも、ぜひ学生のみなさんに関わってほしい。
当社のライターたちとアイデアを出し合いながら、文章力や取材力を鍛える、そんな「チャンスの場」にもしたいのです。

どんなふうにすればうまくいくのか、私にも分かりません。
でも、決まったレールがないから、つくる楽しさがあるとも言えます。
興味のある学生さん、企画や編纂をやってみたい学生さん、もし「やりたい」と思ったら、おふぃす・ともともまでご連絡ください。

おふぃす・ともとも お問い合わせフォーム
http://www.e-tomotomo.com/about/form.html

このページのトップへ↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。