FC2ブログ

大阪のライター オフィス「おふぃす・ともとも」代表ブログ

大阪在住のライター高野朋美(おふぃす・ともとも代表)です。最新の実績、仕事への思いなどもご紹介。

TOP > 仕事への思い・ワザ >私の思う「日本らしさ」

私の思う「日本らしさ」

IMG_E5825.jpg

テレビで、戦中を生きた最強の棋士、升田幸三という人物のことを初めて知りました。
将棋も囲碁もまったくもって〝オンチ〟なので、将棋をやっている人なら知っていて当たり前の人物でも、私は知らなかったりします。将棋指しのみなさま、すみません…。

この人が敗戦直後に残したエピソードに、次のような話があります。
ある日、枡田氏はGHQに呼ばれ、「日本の武道は危険なものではないか」と、暗に将棋を否定するような質問をされました。
将棋の根底には、武士道精神が流れていますから。
すると枡田氏は「武道の『武』は、矛を止めると書く」と答えたそうです。
武道とは、相手を攻撃することではなく、むしろ攻撃を止めること、つまり自分を磨くことだ、というのです。
だから、少しも危険なものではないと。

この話を聞いたとき、とても感動しました。
日本が世界に誇る「考え方」「哲学」が、この話の中に生きているような気がしたからです。
日本の生き方の底流には、「和=争わず、仲良くする」という文化があると思います。
自分と違うものをやっつけて排除するのではなく、自分と違うものでも受け入れるために、まず自分を磨く、というのが、日本の心だと思います。

枡田氏は、「将棋は相手から奪ったコマを、自分のコマとして使う。これは捕虜を虐待しているのと同じではないか」というGHQの質問にも、こう答えたそうです。
「そうではない。奪ったコマを使うのは、そのコマの能力を尊重しているからだ。敵方にいたころと同じように、金は金、銀は銀として、その能力を生かしている」

一度は敵に回った相手でも、負けて味方になれば、その地位を奪うことなく生かす、というのも日本らしいと思います。
負けたら殺す、相手の築いたものを徹底的に破壊する、ではないんですね。「他を生かす」んです。

いまの日本は平和なので、戦争で死ぬの生きるのという話とはあまり縁がありません。
でも、職場や社会の中で、冷たい心の戦争は起こっていると思います。
いじめ、仲間はずれ、悪口、いやがらせ、ハラスメントetc…。
これらはすべて、自分と違うものをやっつける、排除する、打ち負かして破壊する、という行為ではないかなと思います。

なぜ「和」や「他を生かす」の文化をもつ日本で、こういうことが起こるのか。
その原因の一つは、他人をやっつけなければならないほど、一人ひとりが弱くなっていることにあるのかもしれません。

「自分を磨く」ことで、己を強くする。寒い冬に耐え、花を咲かせようとする植物のように。
これが、世の中の役に立つ人間になる第一歩かもしれない、と思っています。

このページのトップへ↑