FC2ブログ

大阪のライター オフィス「おふぃす・ともとも」代表ブログ

大阪在住のライター高野朋美(おふぃす・ともとも代表)です。最新の実績、仕事への思いなどもご紹介。

TOP > スポンサー広告 >100%幸せな1%の人々TOP > 仕事への思い・ワザ >100%幸せな1%の人々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ↑

100%幸せな1%の人々

20180924180809587.jpeg

「100%幸せな1%の人々」という本を読みました。
1%の人々とは、思いを持たず、いま恵まれていることに気づいて、感謝をしている人々、だそうです。

その通りだと思います。
でも、100%賛成はできませんでした。
たぶん、わたしが100%幸せになろうとしていないからでしょうね。
わたしには、100%幸せになれなくてもいいから、達成したい思いがあります。
それがいいことなのかそうでないことなのかは、やってみれば分かることなのだと思います。

ひとつだけ、とても共感した言葉があります。
「生きる目的とは、頑張ることや努力することではありません。『生きている間にどう喜ばれるか』だけ」

わたしがめざすライター道も、これと似ています。
わたしが目標にかかげているのは、思いのこもった文章で世の中をうれしくすること。
文章作成を頼んでくれた方、それを読んでくれた方を「うれしくする」ことが、最大の目標です。

これは、多くの人に感動をもたらす文章を書きたい、ということとイコールではありません。
わたしがうれしくしたいのは、目の前にいる人です。
目の前にいるクライアント、その文章に目を向けてくれた人、こういう方々です。

万人に受け入れられる言葉をつむぎ出せるほど、神がかった腕は持っていません。
でも、目の前にいる人をうれしくする言葉なら、なんとかつむぎ出せそうだと思っています。

その言葉を取材によって引き出し、人に伝わる文にすることが、ライターの価値であり、「生きている間に喜ばれる」ことなのだと思っています。

これからも、わたしはそんなふうなライターとして生きていきたい、と思っています。

このページのトップへ↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。